ウェルトの種類

ウェルトの種類について
c0207873_1222153.jpg

中底に貼り付けられたテープのリブと呼ばれる部分に

甲革、裏革と細革と呼ばれる細い帯状の革(ウェルト)を縫い付け(掬い縫い)、

その細革とソールと縫合する(出し縫い)。Wikipediaより
c0207873_12275381.jpg

出し縫い糸が見える部分の仕上げが

4種類ご用意しております。

1.平
c0207873_12272471.jpg

なにも飾りのないもの。


2.平目付け
c0207873_1234932.jpg

「目付け車」でギザギザ飾りを付けているもの。
c0207873_14243548.jpg



3.後目付け
c0207873_14252286.jpg

「目付け鏝」でギザ飾りを付けたもの。
c0207873_1426194.jpg



4.スリットウェルト
c0207873_14272863.jpg

このようにウェルトに切り込みをいれて仕上げます。
c0207873_14352961.jpg



5.ストームウェルト
c0207873_1436347.jpg

真中がせりあがったウェルト。防水、防塵効果が高いと言われますが・・・どうでしょうか?
c0207873_1441665.jpg



4.スリットウェルトと5.ストームウェルトともに

コバの張り出しが大きくなりますので、
c0207873_14421813.jpg

靴の印象が変わってきます。


そして、それぞれ

黒、こげ茶、薄茶、生地に赤茶とあります。

そこに出し縫い糸が、黒、茶、白とありますので

沢山の組み合わせがあります。


大いに悩んでいただくところですね。

そして、こちらもアドバイスのし甲斐もありますし!





定休日
2月18日(水)・25日(水)

マイスター相談会
21日(土)10時~19時
22日(日)10時~17時


お店の情報はコチラ
GOZO shoes department

靴のご紹介はコチラ
PICK UP
[PR]
by me-ness | 2015-02-10 14:45
<< ブライドルレザー(THOMAS... シングルウエルトとダブルウエルト >>