walk on

2年ぶり


ひょっとしたら、それ以上





まだ埼玉でお店をやっていた時に


H君の靴を作っていました。


股関節のトラブルで、脚長差があり


運動も制限されていました。


その頃まだ小学校3年生だったと思います。



成長期の事ですから、補高は非常に気を付けました。


Dr.とベテランPo.の指示を仰ぎ


定期的に靴と体のバランスそして歩行のチェックを行ってました。




そうして小学校を卒業し


中学に上がる頃にはDr.から


「もういくらでも運動して良いですよ。」


と、OKをもらい、


脚長差調整の必要もなくなりました。


H君とはそれからずいぶんと会ってないのです。






そうして、本日


上尾市からH君のパパ&ママが


初めて八王子のお店に来てくださいました。



H君は、高校1年生に。



そして、とてもとても嬉しい事に登山部に入って


毎月、110Lのザックを担ぎ山に入っているとの事でした。


パパとママも、それがキッカケだったのか


お二人で登山を始められたようです。




ママは、以前から足趾の付け根が痛いことがあったそうですが、


山に行くと、我慢できないくらいに辛くなってしまい。。。



「いろいろ行ってみたけど良くならなくって、最後は福士さんだ!って。」





こうして、わざわざ訪ねて来てくださる。


僕を頼ってくださる。


そして、僕がお役に立てることがある。



幸せです。本当に。




こんな時は、


感謝の気持ちが強くなったり


自分がやらないで、どうする!!と、強く感じる時には




頭がシンとします。


笑顔があまり無くなるようです。


不思議ですが、


声のトーンも落ちていきます。










インソールとご注文いただいた靴は来週お渡しできます。





快適に


どこまでも、思うままに


歩けますよう。





歩き続けますよう。






今でも、強く感じています。


パパとママのH君への愛情を。



定期的に、何年にも亘ってお店に来ていただいた事。


お二人ともお仕事があり、お忙しい中


H君は


時にはママと


時にはパパと一緒に来られました。




ひょうきんな明るいH君と軽口言いあって


ふざけた時間が懐かしく思います。




今度は、H君とは山で会えるかなー。


いっそ、パパもママも皆さんで!!



一緒に剣でも!!!




ハレルヤ!!
[PR]
by me-ness | 2012-10-14 20:22
<< 少しでも可愛く、履きやすく 忘れません >>