マッドガード作製日記ー1

もう、ずっと前から考えていた靴がありまして


スティーブ・マックィーンがプライベートでも劇中でも履きたおしていた


マッドガード
c0207873_17342520.jpg

ちょっと恥ずかしくて、誰にも言ってないのですが、


小学生の時に「大脱走」や「タワーリング・インフェルノ」を映画館で見て、


「シ、シブイ。こんなカッコいい男に、俺もなりたい!」


なんて、6年生の時分に


感動していた自分がいました。
c0207873_17394040.jpg

このスタイルの靴を、


靴屋の自分が探しまくった(本当にいろいろ手を尽くして)のですが


似ているモデルはあるのですが


「う~ん、ちょっと…違うんだよね。」と、がっかりし


気が付くと、焦げ茶のチャッカが何足も。苦笑
c0207873_17433112.jpg

ならば作っちゃえ!と。


そんなことを考えていた時に、マックィーン・マニアのI 様と運命的な出会いが!笑


I 様が血眼になって手に入れられた、今はもう無きTECNIC社のマッドガードに出会ったのです。
c0207873_17501142.jpg

よし!これをモデルにして!!


でも、


フルオーダーならば簡単にできるのですが


10万円以上の高額になりますし


なんとか量産できないかと思案していた時に




山形の宮城興業様とお取引が始まり


OEMもやっていらっしゃるとの情報をいただきまして


もう、興奮隠しきれないって、この事!!
c0207873_18403746.jpg

そこから、I 様に貴重なマッドガードをお借りし


前回の宮城興業様との打ち合わせになった次第であります。




そこで、マックィーンファンの皆様に


甲革、ミシン糸などのアドヴァイスをいただきたいのです。


はじめ考えていましたのが


CFステッドのオールド・スナッフ・カラー
c0207873_1847050.jpg

TECNICの甲革もこれだったと思います。


とっても綺麗で上品なスウェード。毛並みは短く、目もそろっています。



もう一つがこちら
c0207873_18485044.jpg

SANDERSに非常に近い、SNUFF SUEDEです。


毛足が長く、個人的にはこっちかな?と、思います。






もう、皆さんのご意見を聴いて


MADE IN JAPANの


FROM JAPANの


マックィーンが欲しがる



最高のマッドガードが作りたいのです。





皆様からのご連絡お待ちしております。
c0207873_18585944.jpg

マックィーンファン以外の方はスルーされてくださいねー。笑


でも、しかし、励ましのメールとかお待ちしてます!!








最近すっかり、fun.のファン




これ見て聴いて、テンション上げていきます!!





定休日
2月27日(水)

3月
6日(水)・13日(水)・26日(火)・27日(水)



マイスター相談会
3月16日(土)10時~19時
   17日(日)10時~18時



マイスター相談会のお申し込みは

コチラまで。



お店の情報はコチラ
GOZO shoes department

靴のご紹介はコチラ
PICK UP
[PR]
by me-ness | 2013-02-26 19:00
<< 八王子お店大賞 ネイビー・フルブローグ >>